ポップギターズは、あなただけの”ゴキゲン”なギターをつくるためのお店です。

ジャズマスターのプリセットスイッチ&プリセットコントロールって使ってますか?


*ジャズマスターの特性をシンプルに活かしたアッセンブリであなたのジャズマスターを生まれ変わらせませんか?

あなたはジャズマスターのプリセットコントロールって使ってますか?
もしあなたがジャズマスターのプリセットコントロールをあまり活用していなくて、もっとシンプルに、そして有効に使える方法はないのかな??とお悩みなら、このJMタイプ配線済みアッセンブリSHOK仕様はきっと気に入ってもらえると思います。

このJMタイプ配線済みアッセンブリSHOK仕様は、プリセットコントロール部分の使い方を見直し、シンプルに使いやすくデザインし直しました。

ノーマルのジャズマスターのプリセットコントロールは、プリセットスイッチで、プリセットボリューム、トーンのオン/オフの切り替えを行います。

しかし、このJMタイプ配線済みアッセンブリSHOKでは、プリセットのボリュームとトーンは回路から切り離しました!
つまりプリセットボリュームとプリセットトーンは使いません。
潔くプリセットのスイッチだけを使います!
シンプルにプリセットスイッチをネックピックアップとブリッジピックアップのシリーズ接続の切り替えに使う事で、実用性を追求しました。

プリセットスイッチ(このアッセンブリではSHOKスイッチと言います)がオフの時は、ノーマルなジャズマスターのコントロールです。(マスターボリューム、マスタートーン、セレクタースイッチ)
そして、SHOKスイッチをオンにしますと、ネックピックアップとブリッジピックアップのシリーズ接続の(パワフルで骨太な)サウンドに切り替わります。(この時セレクタースイッチは無効になります)
ジャズマスターの場合、ネックピックアップとブリッジピックアップが、元々逆位相になっていますので、ハムバッキング効果でノイズも軽減されます。

通常、ジャズマスターには1MΩのポットが使われていますが、この配線済みアッセンブリには500KΩのポットを採用しています。
キンキンした高音域を少し抑えめにし、中・低音の存在感のあるジャズマスターの魅力を引き出すデザインになっています。

ポップギターズの配線済みアッセンブリは、取り付けてアンプに繋ぎ、音を出した瞬間から、その違いを体感して頂けると思います。
あなたのギターは、本来持っていたトーンを最大限に表現出来る最高のコンディションを手に入れるのです。

配線済みアッセンブリは、今までの延べ500以上のお客様にご愛用頂きご好評を頂いております。
以下、お客様から頂いたレビューを紹介させて頂きます。

□■配線済みアッセンブリをお使いのお客様から頂いた声のご紹介■□

*使用アッセンブリー/ST配線済みアッセンブリ/T-SOUND S.H.O.K

パーツを交換する前はどうでしたか? =
一般的なストラトの5way

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
5way+(Front+center+Rear)+Front+Rearと多彩なサウンド選択が出来てる様になった。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
特にONの時のFront+RearはTeleっぽくて面白いです!
良い商品をありがとうございました。
PS:迅速かつ親切丁寧な対応に感謝致します。注文の翌日に届き助かりました。

*junちゃん様より

*使用アッセンブリー/STタイプ配線済みアッセンブリ HSH オレンジドロップ仕様

パーツを交換する前はどうでしたか? =
先日、15年前くらいのMEXストラト50sを中古入手しました。(多分PUはテキサスSPと思います。)
そのまま自分のSETで弾いても、特に不満もなかったですが…(笑)。
ただのサブギターにするのではツマラナイ!!と思い改造を決意、購入に至りました。

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
トーンやボリュウムの変化が、繊細且つストレートに可変するように感じます。
出音が太くなる訳ではなく!信号が滞り無くなるためでしょうか?ギターのキャラそのままの音色で出力がアップしたと思います。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
私はリアPUをメインで弾くのですが…
PUポジションをリアで、バランサーを目盛8-7位にした音色が!絶妙にセンターとMIXされるらしく?!トレブリーだけど!甘さを少し含んだ何とも!!の自分好みの音を出せました。 出音に関しては、個人個人の好みや換装するギター本体に左右されると思いますが…。
ポップギターさんのアッセブリに交換すると、とにかく確実に上質でストレートな出音にグレードアップすると思います。 先日からLIVEでもこのギターを使用中です。
しばらくメインギターとして活躍してくれそうです。

*pocket69様より

→お客様の声をもっと見る

つまり配線済みアッセンブリを使うと、あなたのギターが本来持っていた最高のトーンを出力する事が出来る様になるのです。
あなたが今まで聞いていた音が実は本当のあなたのギターの音では無かった事に驚く事になるかも知れません。

配線済みアッセンブリを取り付けて、本来のトーンを取り戻したギターのサウンドに導かれて、あなたは新たなフレーズやプレイスタイルを手に入れる事になるでしょう。

あなたのギターは最高のサウンドを持つあなたのお気に入りのギターに生まれ変わるのです!

*スイッチ部の画像
スイッチオフ
↑スイッチオフ(通常時)

スイッチオン
↑スイッチオン(SHOKシステムが機能した状態)

*SHOKとは
一般的なジャズマスターの「プリセットコントロールスイッチ」を使って「ノーマルのジャズマスターサウンド」と「ネック+ブリッジのシリーズ接続のミックスサウンド」を切り替える仕組みの事で「スイッチ一つで音が変わる」の頭文字をとってSHOKと呼んでいます。

T-SOUNDダイヤグラム

SHOKシステムがオフの時(スイッチが下側の時※上の図の右から3個目まで)は、マスターボリューム、マスタートーン、セレクタースイッチと言う、ほぼノーマルなジャズマスターのコントロールです。
ただし、プリセットのボリュームとトーンはカットしていますので、作用しません。

SHOKシステムをオンにすると(スイッチが下側の時※上の図の一番左)、 「ネックピックアップ+ブリッジピックアップ」のシリーズ接続のミックス音が出力可能になります。
この時、マスターボリューム、マスタートーンは有効ですが、セレクタースイッチは無効になります。
ジャズマスターは、元々ネックピックアップとブリッジピックアップの位相が逆になっていますので、ハムバッキング効果でノイズが軽減され、シリーズ接続の力強い骨太サウンドが楽しんで頂けます。

*100%(カタログのスペック)の能力を出し切れていないとしたら?
人間は潜在能力の20%も使えていないと言われています。
もしそれが本当ならば100%の能力が使えたら、すごい事になるのではないか!?と、思いませんか?
実は、あなたのベースも、もしかすると潜在能力を(20%とは言いませんが)充分に出せていない可能性が・・・

*ギターが本来持っている潜在能力を出し切れない理由とは?
ギターやベースの内部配線をご覧になられた事がありますか?ご覧になられた方はご存知でしょうし、「見た事無い。」って方も、もし可能なら一度、コントロール部の配線部分を見てみて下さい。
市販されているギターの配線材やポット、コンデンサーなどのパーツ類は、(残念ながら見えない部分なので)コスト削減の為、チープな物が使われている事が多かったりします。。

*現状は「オフロード」「荒野」「未舗装のでこぼこ道」・・・とにかく過酷な環境です。

どういう意味?かと言うと配線材やコントロール部の事です。
音質のグレードアップを考える時、まず「ピックアップ」が思い浮かぶところですが、ピックアップと同じかそれ以上に、コントロール部に使われているパーツの品質もとても重要なんです!
エレキギターは、弦の振動をピックアップで微弱な電気信号に変えてアウトプットジャックから出力する事で音を出しています。
配線材やコントロール部のアッセンブリはこの「ピックアップからアウトプットジャックまで」微弱な電気信号を運ぶ役割を担っています。
もしかすると、あなたのギターの配線材やコントロール部分の現状は「オフロード」「荒野」「未舗装のでこぼこ道」などに近い可能性があります。

「オフロード」「荒野」「未舗装のでこぼこ道」などを通り抜けるのは人間にとってもタフな仕事になりますが、ピックアップから出て来た電気信号にとっても同じで、これらの道のり(過酷な配線材やポットなどの環境)を通り抜けるには、かなりスタミナが必要なんです。
つまり、弦振動が変換された微弱な電気信号がアウトプットジャックにたどり着く頃には「弱ってしまっている」と言う事なんです。
結果的に「薄っぺらい音」「チープな音」になるんです。
ピックアップが頑張って「リッチで艶やかな」音の信号を送り出したとしても、この難関(配線材やポットなどのコントロール部)をクリアするのに必要以上のスタミナ、つまり音の劣化を免れる事が出来ず、本来の音を出す事が出来ていないと言う訳なんです。

*整地された「高速道路」「ハイウェイ」に出来ます!
そこで!ポップギターズの配線済みアッセンブリーを使ってみて下さい。
ポップギターズの配線済みアッセンブリーは、ピックアップから出力された信号がアウトプットジャックに至るまで、最小限のストレスで到達出来る専用道路、整地された「ハイウェイ」「高速道路」のようなものなんです!
脇目もふらず、安心してアウトプットジャックを目指すピックアップからの電気信号を確保する事によって、ピックアップが本来持っていたリッチなトーンを引き出すことが出来るのです!

ポップギターズの配線済みアッセンブリは最高級のパーツを使ってポップギターズにてハンドメイドで組み上げています。
各ポイントを解説致します。


Point その1:ボリューム&トーンポットには、音質アップにも効果があると言われているブラスシャフト採用のCTS製500KΩAカーブ×2、ボリュームポットはスムーステーパー仕様。

このブラスシャフトCTSポットは、許容誤差7%のハイグレード。

これらCTS製のポットは、軽すぎず、重すぎず、程よいトルク感のビンテージスタイル/ディッシュバックスタイルです。
*スムーステーパーボリュームについて・・・
通常、ベースのボリュームを絞っていくとどうしても音がこもった感じ(高音域が削られてしまうので)になってしまいますが、スムーステーパーボリュームポッ トを使うと、1〜10まで、トーンの変化が少なく、より自然で、細かなボリュームコントロールが可能になります。
コンデンサーにはオレンジドロップ&抵抗にはCarbon Composition型を採用しました。

Point その2:
ハイカット用コンデンサーには、程よい甘さと輪郭の残るトーンで人気の高いオレンジドロップ(SBE715P 600V 0.022uf)を採用


Point その3:SHOKスイッチには耐久性と信頼性の高い、USA SwitchCraft社製を採用
このスイッチで、一瞬にして「ネックPU+ブリッジPU」のシリーズ接続への切り替えが可能になります。

Point その4:ピックアップセレクタースイッチにも耐久性と信頼性の高い、USA SwitchCraft社製3WAYトグルスイッチを採用

Point その5:配線材にはUSA MojoTone製のソリッド(単線)ワイヤー 22gaを採用、より存在感のある中、低音、そして嫌みのない高音を出力してくれます。

Point その6:アウトプットジャックには、耐久性、信頼性の高いSwitchCraft社製 #11を採用

Point その7:ハンダには Kester 44を使用


↑こんなマニュアル付属してます

取り付けはピックアップからの配線をスイッチに3カ所とポット背面へ1カ所、そして弦アース線もポットの背面などにハンダ付けします。

※画像のピックガードなどは付属しません。
※ポット取り付け穴は、Φ9.6必要です。
※ボリューム/トーンのノブは付属しません。

*スペックまとめ
・SHOKシステムで力強いシリーズ接続ハムバッカーサウンドへの切り替えを瞬時に行える
・音質、耐久性に優れた最高級CTS製ポット使用
・耐久性の高いSwitchcraft社製スイッチ使用
・程よい甘さと輪郭の残るトーンが特徴のオレンジドロップコンデンサー使用
・それらを単線ワイヤーとKester 44で接続

【送料無料!】
※ただしお届け先が北海道・沖縄の場合は432円が加算されます。

*取り付け出来るか心配ですか?
ポップギターズでは取り付けが不安だとおっしゃる方の為に当店では配線済みアッセンブリ取り付けサービスも行っております。
アッセンブリの取り付けが不安だという場合は、お気軽にご利用下さい。

*アッセンブリ取り付けサービスについて・・・
アッセンブリをご愛用の楽器に取り付ける為に必要な費用は、

・同じ規格で交換する(加工が不要な)場合:5000円+税
・往復の送料(お客様の地域から大阪まで)

です。

JMタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK仕様

11,800円
特価: 9,440円
更に割引: 2,360円 OFF

  • メーカー: POPTUNE

選択して下さい:

仕様




カートに入れる:










Copyright © 2017 ポップギターズ. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp / サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。