ポップギターズは、あなただけの”ゴキゲン”なギターをつくるためのお店です。

ギターが持つ本来のポテンシャルを引き出してみたいと思いませんか?


*H.A.P.とは?
H.A.P.とは、Hight Adjustable Post(高さ調整可能軸)の頭文字を取った呼び方です。
Hight Adjustable Post(以下、H.A.P.)は、ギターのナットにかかる弦の圧力を調整出来る画期的なシステムなんです!!

「・・・画期的?どの辺が!?」

分かりました!それでは説明させて頂きます(^ー^)
とにかくムズカシイ事は抜きにして、結論を書きますと、ナットにかかる弦の圧力を弱くしたり強くしたりすることでギターが持つ本来の音、そのギターのより魅力的なトーンを引き出せる可能性があると言う事なんです。(ムズカシイですねw)

*ナットにかかる弦の圧力を変える?とは?
ギターの音の源は「弦の振動」です。その弦の振動をギターに伝える重要なポイントとなるのが、弦の両端を支える「ブリッジ」と「ナット」です。
その重量なポイントの一つ「ナット」にかかる弦の圧力(要するに弦がナットにあたる角度)を調整する事で、弦の振動のナットへの伝わり具合を変える事が出来るんです。

つまり、ギターは、そのほとんどが天然の「木」で出来ていて、形こそ同じ様に見えますが、同じ個性を持ったギターはなく、厳密に言うと一本一本違います。(人間と同じ!)
なのに使われているハードウェア(ペグ)は「一律」・・・では、そのギターの個性、性能を引き出せる可能性は高くないと思いませんか?(あ、なんか教育問題と似てますねw)

そこで「H.A.P.」の登場です!
H.A.P.システムを使いナットにかかる弦の圧力を調整し、弦の振動の伝わり具合を変えれば、ギターが本来持つ音質や鳴りなどを最適な物にする事が出来るんです。

実はそれだけではありません。
H.A.P.システムはギター本来の性能を引き出すだけじゃなく、弦のタッチ(テンション)をプレイヤーの好みにセッティング出来るというメリットもあるんです。
※ナットにかかる弦の圧力を低くすると、弦を押さえるタッチが柔らかくなり、逆に弦の圧力を高くするとタッチがきつくなります

H.A.P.は従来、個人では難しかったギターのサスティンやテンションの調整が大幅に身近になった画期的なシステムなんです。

H.A.P.とH.A.P._Aの違いは?
要するに軸の可動幅の違いです。
・H.A.P.は、スタンダード軸に対し低い方向へ多く可動します。
・H.A.P._Aは、スタンダード軸に対し高い方向へ多く可動します。

ですので

・H.A.P.は、(エレキギターに多く使われている)アングル(ネックの角度)の付いていないストレートネックのギターに使う事で有効にお使い頂けると思います
・H.A.P._Aは、(アコースティックギターなどに多く使われている)アングルの付いたネックのギターに使う事で有効にお使い頂けると思います

もう一つ大事な事は、GOTOHのペグは取り付け寸法や仕様など、豊富にラインナップされていますので、ほとんどのギターに違和感なく、加工無しでスムーズに交換が出来るという事です。※加工・調整が必要なギターもありますので、ご不明な場合はペグ探しフォームからお問い合わせ下さい。

*世界一のギヤ比「1:21」つまり世界一細かなチューニングが可能なんです!
SGL510Zは、ギヤ比「1:21」、つまりツマミ部分を「21回転」させると弦を巻き付けている軸が「1回まわる」と言う事。
世界的に見ても「1:21」のギヤ比は、GOTOHだけ。
小さなペグのハウジングの中に収まるサイズで、これだけのギヤを収めて、耐久性も確保出来るのは、日本の技術があってこそ。
SG510Zシリーズをを手に入れたあなたは、「世界一」を手に入れている訳です。

*油の中から糸を引き抜くような滑らかな動き

GOTOH 510シリーズのペグを作る際のコンセプトは「油の中から糸を引き抜くような滑らかな動き」 だったそうです。

SG510シリーズには「ルブリプレート」が標準で装備されています。
この「ルブリプレート」とはGOTOH独自の潤滑メッキ処理のこと。
この処理のおかげで、あなたは驚くほど滑らかな操作フィーリングと並外れた耐久性を手に入れる事になります。
つまり、このSG510シリーズのペグは「一生もの」ってところでしょうか。

*現状、弦の振動エネルギーを伝えきれていないかも知れません!?
ギターの音の源って要するにプレイヤーがはじいた弦の振動なんですが、その振動がギターに伝わることによって、優しかったり、激しかったりするギターサウンドになって出力されるんですね。
この文章を読んで頂いているあなたならお分かり頂けると思いますが、弦を指やピックではじく振動は、ほんの僅かなエネルギーです。
可能ならば、その音の振動エネルギーを、なるべく多く(できれば100%)ギターへ伝えたいですよね?
このGOTOH SG510シリーズには、弦を巻き付ける軸部分の遊びがほとんどなく、弦の振動を最小限のロスで楽器側へ伝えてくれる「ロックソリッドストリングポスト」が装備されています。
あなたが紡ぎだした、ほんの僅かなエネルギーもしっかりと楽器側へ伝達してくれます。
つまり、ギターの持つ本来の性能を引き出してくれるって言う事です。

*あなたのギターに必要なのは「良い音」だけですか?
良いギターの条件は「音が良い」だけですか?ギターの魅力は「音が良い」と言うだけではありませんよね?音以外に何が大事かって言えば、やはり、そのギターを眺めた時やあなたがそのギターを演奏している時に、「やっぱギターってカッコいい(しみじみ)」とか、このギターが弾けて「嬉しい!」って思えなければ、少なくとも合格とは言えません。(よね?)

SG510シリーズのペグ本体は、優しく、上品な流線型をモチーフにデザインされています。
そのカーブは、あなたのギターに華を添える事は間違いありません。
SG510シリーズのツマミ(ボタン)部分の種類も「伝統的なスタイル〜個性的なスタイル」まで、豊富に用意されていますので、あなたのコダワリを活かすツマミ選びをきっと楽しんで頂けると思います(^ー^)

*今までのスタイルを(良い意味で!)無視した結果
GOTOHの専務曰く、GOTOH 510シリーズは、 良い意味で伝統的なペグを無視してデザインしました。とのこと、今までの当たり前にこだわらずに新しいものを生み出す姿勢が、今も510シリーズ進化させています。
GOTOHカラーサンプル
↑GOTOHカラーサンプル画像

カラーは「クローム」「ゴールド」「ブラック」「コスモブラック」「エクセレント・ニッケル」「エクセレント・クローム」「エクセレント・ゴールド」の7色あり。

ペグ配列も自由に選んで頂けます。 ※以下のペグ配列選択の欄でご選択頂けます。

ロトマチック(Grover、Schaller、やGOTOHのSGシリーズなど)のペグからビンテージスタイル(クルーソンやオープンバックなど)に交換する事も可能です。※別売りのパーツが必要です。
以下のページに書いておりますのでご興味ある方はご覧下さい。

*ロトマチックペグからクルーソンスタイルへのペグ交換について

このGOTOH SGL510は、ロトマチックスタイルペグの中でも世界最高峰に位置する、日本が誇るGOTOHのフラッグシップモデルです。 SGL510のスペックをまとめますと

ロックソリッドストリングポスト・・・楽器が持つ本来の性能を引き出してくれます

ルブリプレート・・・スムーズな操作感が、その耐久性と相まって長く気持ちよくお使い頂けます

カラー、ボタン(ツマミ)部分の選択が可能・・・カラーは7色、ボタンは18種類からあなたの好みで選べます(2014/3現在)

マグナム・ロック、H.A.P.、H.A.P._Mなどのオプションのポストが選択可能・・・GOTOHのペグには、あなたの終わりなき探究心に答える準備があります!

GOTOHでは多彩なポストを用意しています。

その名の通り基本となる
スタンダード

ロックタイプの
マグナム・ロック(ダブルスピードマグナムロック)

フィンガーロックスタイルの
MG-T(マグナムロック-トラッド)

高さ調整が可能な
H.A.P.
H.A.P._A

ロックタイプ+高さ調整可能の
H.A.P._M

もご選択頂けます。

↓こちらのページにも解説してます。
GOTOH technical innovation

ただし・・・・ 「音なんか良くても悪くても関係ない」「チューニングの狂いとか、気になったことない」って言う方には、この「510シリーズ」のペグは不要かも知れません。

ですが、たかがペグ一つでギターの音色や個性が少なからず影響されることを理解されているあなた、自分のパートナーであるギターをより良いものにしたいと思っているあなたには、きっとこの「510シリーズ」のペグはお役に立てると思います。

もちろん、わざわざペグを交換しなくても現状のペグでも音は出せます。
しかし「510シリーズ」のペグにする事で、今後のギターライフは確実に、そして格段に、より快適で気持ち良いものになります。
更に「510シリーズ」は耐久性も高く、少なくとも今後20年〜30年、いやそれ以上の期間、交換は不要でしょう。(ぶつけて壊したなどは別ですが・・・)

・・・「でも加工が必要じゃない?」
⇒ 寸法さえしっかり確認して頂ければ加工無しで交換出来ます。もちろんペグ選びの相談はご遠慮なくどうぞ(^_^)
↓ペグ選びに悩んだらご利用下さい
ペグ探しフォーム

・・・「でも見た目が変わってしまうんじゃない?」
⇒ お好みのカラーや豊富な選択肢が用意されていますので、ご希望の仕様をご選択下さい。逆にまったく違う雰囲気の仕様にするのも刺激があっていいかも!です。

・・・「でもオリジナルが・・・」
⇒ 寸法が同じパーツであれば、交換後も元に戻せます!オリジナルは一旦ストックしておいて気分が変われば元に戻す。なんて事も出来ちゃいます。

・・・「どれだけ効果があるか分からない」
⇒ その通りです。実際にはやってみないと分からない!そこで、お客様から頂いた声を少し紹介させて頂きます。
*使用ペグ/GOTOH SDS510/マグナム・ロック

パーツを交換する前はどうでしたか? =
Warmothなどでパーツを集めて自作したTelechatserを愛用しています。
クルーソンタイプのペクは弦交換で手間取ることが多く、ロッキング機構が欲しかったため、Schaller Mini Locking Tunerを付けていました。問題は、ヘッドが重たくて演奏中に下がってしまう点にありました。

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
重心の問題は、GOTOH SDS510に交換して改善しました。また、マグナムロックの機能も素晴らしく、簡単に弦交換できて使いやすいです。
WarmothネックのSchaller Mini Locking Tuner用の穴径は、Gotohの標準ブッシュ(2種)にも、POPTUNE PTM200RN/Nにも合わず、穴径を調整するのに苦労しましたが、何とか取り付けることができました。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
音が変わりました。私にとっては好ましい方向に。
サステインが伸び、高音が前にでるようになったと思います。
ギターのボディー自体の共振も増えたような気がします。アンプに繋いでいないときにも、ギターの振動が気持ちいいです。

*Jack The Hero様より

*使用ペグ/SD90-MG-M6A-N

パーツを交換する前はどうでしたか? = GIBSON レスポールジュニアでチューニングの安定に悩んでいました。

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
マグナムロック式ペグへの交換により若干の安定と、弦交換時のスピードアップが得られた。
他のギターも順にマグナムロックに変更をしています。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
部品の加工精度が良いので安心して使える。 クルーソンのオリジナルと比べてボタンまでのシャフトの長さが若干長いので、SLボタンを使用した時には少し違和感を覚えるので、今後改善されるとより安心して使用出来ますね。

*miraxx様より

・・・「取り付け出来るか心配」
⇒ パーツ交換は、工具やそれなりの知識、技術があれば個人で出来ないものではありませんが、専門のリペアショップなどに依頼される事をおすすめします。もしお近くにリペアショップがない場合は、当店にて承りますのでお気軽にご利用下さい。
ペグ交換:3,000円+税〜※加工が必要な場合は、別途お見積もりいたします。

*GOTOHパーツの納期について(ご確認お願いします)*

 

【定形外郵便なら送料:400円】
※定形外郵便で発送の場合、郵送中の事故、投函後の盗難など、一切の保証がございません。ご心配な場合は、宅配便(600円+税〜)での発送をオススメ致します。(定形外郵便でお送りする場合、お支払い方法は「銀行振込」のみとなります。「代金引換」「クレジットカード」でのお支払いは出来ません。)

【宅配便なら送料全国一律:600円+税】
※ただしお届け先が北海道・沖縄の場合は1,000円+税となります。

ご請求金額が10,000円(税別)以上の場合、

【送料無料!】
※ただしお届け先が北海道・沖縄の場合は400円+税が加算されます。 


・カラーは、クローム/ゴールド/ブラック/コスモブラック/エクセレント・ニッケル/エクセレント・クローム/エクセレント・ゴールド

・ギヤ比 1:21

・価格は6個セットのお値段です

*参考ページ

GOTOH technical innovation

GOTOHカラーサンプル


GOTOH ソリッドアルミボタンについて


GOTOH SGL510Z/H.A.P.

ベース価格: 13,376円

  • メーカー: GOTOH

選択して下さい:



ペグボタン






















ペグ配列




軸オプション




追加資料等

寸法図2



寸法図2

カートに入れる:










Copyright © 2019 ポップギターズ. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp / サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。