ポップギターズは、あなただけの”ゴキゲン”なギターをつくるためのお店です。

ギターが持つ本来のポテンシャルを引き出してみたいと思いませんか?


*H.A.P.とは?
H.A.P.とは、Hight Adjustable Post(高さ調整可能軸)の頭文字を取った呼び方です。
Hight Adjustable Post(以下、H.A.P.)は、ギターのナットにかかる弦の圧力を調整出来る画期的なシステムなんです!!

「・・・画期的?どの辺が!?」

分かりました!それでは説明させて頂きます(^ー^)
とにかくムズカシイ事は抜きにして、結論を書きますと、ナットにかかる弦の圧力を弱くしたり強くしたりすることでギターが持つ本来の音、そのギターのより魅力的なトーンを引き出せる可能性があると言う事なんです。(ムズカシイですねw)

*ナットにかかる弦の圧力を変える?とは?
ギターの音の源は「弦の振動」です。その弦の振動をギターに伝える重要なポイントとなるのが、弦の両端を支える「ブリッジ」と「ナット」です。
その重量なポイントの一つ「ナット」にかかる弦の圧力(要するに弦がナットにあたる角度)を調整する事で、弦の振動のナットへの伝わり具合を変える事が出来るんです。

つまり、ギターは、そのほとんどが天然の「木」で出来ていて、形こそ同じ様に見えますが、同じ個性を持ったギターはなく、厳密に言うと一本一本違います。(人間と同じ!)
なのに使われているハードウェア(ペグ)は「一律」・・・では、そのギターの個性、性能を引き出せる可能性は高くないと思いませんか?(あ、なんか教育問題と似てますねw)

そこで「H.A.P.」の登場です!
H.A.P.システムを使いナットにかかる弦の圧力を調整し、弦の振動の伝わり具合を変えれば、ギターが本来持つ音質や鳴りなどを最適な物にする事が出来るんです。

実はそれだけではありません。
H.A.P.システムはギター本来の性能を引き出すだけじゃなく、弦のタッチ(テンション)をプレイヤーの好みにセッティング出来るというメリットもあるんです。
※ナットにかかる弦の圧力を低くすると、弦を押さえるタッチが柔らかくなり、逆に弦の圧力を高くするとタッチがきつくなります

H.A.P.は従来、個人では難しかったギターのサスティンやテンションの調整が大幅に身近になった画期的なシステムなんです。

H.A.P.とH.A.P._Aの違いは?
要するに軸の可動幅の違いです。
・H.A.P.は、スタンダード軸に対し低い方向へ多く可動します。
・H.A.P._Aは、スタンダード軸に対し高い方向へ多く可動します。

ですので

・H.A.P.は、(エレキギターに多く使われている)アングル(ネックの角度)の付いていないストレートネックのギターに使う事で有効にお使い頂けると思います
・H.A.P._Aは、(アコースティックギターなどに多く使われている)アングルの付いたネックのギターに使う事で有効にお使い頂けると思います

もう一つ大事な事は、GOTOHのペグは取り付け寸法や仕様など、豊富にラインナップされていますので、ほとんどのギターに違和感なく、加工無しでスムーズに交換が出来るという事です。※加工・調整が必要なギターもありますので、ご不明な場合はペグ探しフォームからお問い合わせ下さい。

*SG360の特徴は・・・
SG360は、小さいボディを採用したモデルですので、小さめのヘッドを採用したギターなどに適していると思います。
ギヤ比は「1:14」、大きなギヤ比のモデルに比べると、細かいチューニングは得意ではありませんが、その分、素早いチューニングが可能です。
Martinの純正にも採用されているモデル。Schaller M6miniともほぼ同形状です。
GOTOHカラーサンプル
↑GOTOHカラーサンプル画像

カラーは「クローム」「ゴールド」「ブラック」「コスモブラック」の4色あり。※画像には全てのカラーがありますが、このモデルで選べるのは、画像上側の4色です。

ペグ配列も自由に選んで頂けます。 ※以下のペグ配列選択の欄でご選択頂けます。

ロトマチック(Grover、Schaller、やGOTOHのSGシリーズなど)のペグからビンテージスタイル(クルーソンやオープンバックなど)に交換する事も可能です。※別売りのパーツが必要です。以下のページに書いておりますのでご興味ある方はご覧下さい。
*ロトマチックペグからクルーソンスタイルへのペグ交換について


このGOTOH SGシリーズは、有名ブランドにも採用されている日本が誇る世界的スタンダードと言えるペグです。 SGシリーズのスペックを少し解説しますと

ロックソリッドストリングポスト・・・弦を巻き付ける軸部分の遊びがほとんどなく弦の振動をロスなく楽器側へ伝えてくれます。これによりギターがより「鳴るようになる」と言う訳です。

ルブリコート・・・ペグ心臓部の「ギヤ」部分にGOTOH独自の潤滑コーティングを施して操作感、耐久性をアップ

カラー、ボタン(ツマミ)部分の選択が可能・・・カラーは4色、ボタンは最大19種類からご選択可能(2013年、現在※モデルにより変わります)あなたの好きな組み合わせがきっとあるハズ。

スタンダード軸をはじめ、マグナム・ロック、H.A.P.、H.A.P._Mなどのストリングポストが選択可能・・・いわゆるトラディショナルなスタイルから、玄人好みな細かなセッティングが出来るものなど、あなたのギタースタイルの可能性をしっかりサポート。

↓こちらのページにも解説してます。
GOTOH technical innovation

GOTOHペグおすすめ「7つのポイント


1、豊富なモデル
2、選べるカラー
3、選べるボタン(ツマミ部分)
4、選べるペグポスト
5、見た目ほとんど同じでグレードアップ
6、300種類もの選択肢の中から自分だけの仕様を選べる
7、日本製ならではの精度とサポート


ただし・・・・ 「音なんか良くても悪くても関係ない」「チューニングの狂いとか、気になったことない」って言う方には、「GOTOH SGシリーズ」のペグは不要です。
ですが、たかが小さなパーツでギターの性能が少なからず影響されることを理解されているあなた、自分のパートナーであるギターをより良いものにしたいと思っているあなたには、きっとGOTOHのペグはお役に立てると思います。


*SGシリーズの 特徴まとめ

カラー選択可能
ボタン(ツマミ部分)選択可能
マグナム・ロック選択可能
H.A.P.選択可能
H.A.P._A選択可能
H.A.P._M選択可能

もちろん、わざわざペグを交換しなくても現状のペグでも音は出せます。
しかしGOTOHのペグを選ぶ事で、今後のギターライフは間違いなくより快適で気持ち良いものになります。
この性能、耐久性から考えるとお買い得な価格設定ではないでしょうか?
お値段は、カラーやボタンの選択で変わります。


 ・・・「でも加工が必要じゃない?」
⇒ 寸法さえしっかり確認して頂ければ加工無しで交換出来ます。ご心配な場合は、「ペグ探しフォーム」をご利用下さい。

・・・「でも見た目が変わってしまうんじゃない?」

⇒ お好みのカラーや豊富な選択肢が用意されていますので、ご希望の仕様をご選択下さい。逆にまったく違う雰囲気の仕様にするのも刺激があっていいかも!です。

・・・「でもオリジナルが・・・」
⇒ 寸法が同じパーツであれば、交換後も元に戻せます!オリジナルは一旦ストックしておいて気分が変われば元に戻す。なんて事も出来ちゃいます。

・・・「どれだけ効果があるか分からない」
⇒ その通りです。実際にはやってみないと分からない!そこで、すでにGOTOHのペグをお使いのお客様から頂いた声を少し紹介させて頂きます。

*使用ペグ/GOTOH SDS510/マグナム・ロック

パーツを交換する前はどうでしたか? =
Warmothなどでパーツを集めて自作したTelechatserを愛用しています。
クルーソンタイプのペクは弦交換で手間取ることが多く、ロッキング機構が欲しかったため、Schaller Mini Locking Tunerを付けていました。問題は、ヘッドが重たくて演奏中に下がってしまう点にありました。

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
重心の問題は、GOTOH SDS510に交換して改善しました。また、マグナムロックの機能も素晴らしく、簡単に弦交換できて使いやすいです。
WarmothネックのSchaller Mini Locking Tuner用の穴径は、Gotohの標準ブッシュ(2種)にも、POPTUNE PTM200RN/Nにも合わず、穴径を調整するのに苦労しましたが、何とか取り付けることができました。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
音が変わりました。私にとっては好ましい方向に。
サステインが伸び、高音が前にでるようになったと思います。
ギターのボディー自体の共振も増えたような気がします。アンプに繋いでいないときにも、ギターの振動が気持ちいいです。

*Jack The Hero様より

*使用ペグ/SD90-MG-M6A-N

パーツを交換する前はどうでしたか? = GIBSON レスポールジュニアでチューニングの安定に悩んでいました。

パーツを交換した後はどうなりましたか? =
マグナムロック式ペグへの交換により若干の安定と、弦交換時のスピードアップが得られた。
他のギターも順にマグナムロックに変更をしています。

具体的に良かったところを教えて下さい。 =
部品の加工精度が良いので安心して使える。

クルーソンのオリジナルと比べてボタンまでのシャフトの長さが若干長いので、SLボタンを使用した時には少し違和感を覚えるので、今後改善されるとより安心して使用出来ますね。

*miraxx様より


・・・「取り付け出来るか心配」

⇒ パーツ交換は、工具やそれなりの知識、技術があれば個人で出来ないものではありませんが、もしご心配な場合は、当店にて承りますのでお気軽にご利用下さい。
ペグ交換:3,000円+税〜

*GOTOHパーツの納期について(ご確認お願いします)*

GOTOHでは多彩なポストを用意しています。 その名の通り基本となる
スタンダード ロックタイプの
マグナム・ロック
MG-T(マグナム・ロック トラッド)

ポストの高さ調整が可能な
H.A.P.
H.A.P._A
H.A.P._M

もご選択頂けます。

ロトマチック(Grover、Schaller、やGOTOHのSGシリーズなど)のペグからビンテージスタイル(クルーソンやオープンバックなど)に交換する事も可能です。※別売りのパーツが必要です。以下のページに書いておりますのでご興味ある方はご覧下さい。
*ロトマチックペグからクルーソンスタイルへのペグ交換について


【宅配便なら送料全国一律:600円+税】
※ただしお届け先が北海道・沖縄の場合は1,000円+税となります。

ご請求金額が10,000円(税別)以上の場合、

【送料無料!】
※ただしお届け先が北海道・沖縄の場合は400円+税が加算されます。


・カラーは、クローム/ゴールド/ブラック/コスモブラック
・ギヤ比 1:14
・価格は6個セットのお値段です


*参考ページ

GOTOH technical innovation

GOTOHカラーサンプル

GOTOH ソリッドアルミボタンについて



GOTOH SG360/3+3配列/H.A.P.

ベース価格: 7,284円

  • メーカー: GOTOH

選択して下さい:



ペグボタン






























ペグ配列




軸オプション





カートに入れる:










Copyright © 2019 ポップギターズ. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp / サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。